2040年01月01日

目次

 元々はPC-6001をFPGAで実現しよう、のページだったのですが、P6のハード関連全般を扱っています。

 当ブログ内の解析記事、製作記事、改造記事などに関しては、素人によるものです。記事が誤っている可能

性もありますので、使用する際には使用する方の責任でお願いします(当方では責任を持ちません)。


 PC-6001F(FPGA版P6)関連
 Ver.0235-0053
 Ver.0234-0052

 RGBコンバータ関連
 RGBコンバータ(10)(リリース)
 RGBコンバータ(11)(リリース)
 RGBコンバータ(1版の注意事項)

 SD6031/SD6031WIF/SD6031Air関連
 SD6031Air用ファーム変更(2)
 イメージファイル選択プログラム

ver2.0

 マルチディスク対応
 マルチディスク対応追記
 SD6031コマンド一覧

 88→P6変換ソフト関連
 ウィザードリィ1/2/3  /  ウィザードリィ4  /  ウィザードリィ5
 PALADIN
 MELT DOWN  /  MELT DOWN(PC-6001mk2/PC-6601用)
 魔法使いの妹子  /  魔法使いの妹子U
 ザナドゥ  /  ザナドゥユーザデータコピー
 ファンタジー  /  ファンタジー2
 マイトアンドマジック
 イシターの復活
 ポッキー
 リトルバンパイア  /  イントルーダー  /  ランス  /  D.P.S.  /  あぶない天狗伝説
 OLION80
 ログイン版ドラゴンスレイヤー
 表参道アドベンチャー

 P6ソフト関連
 CARRYGAME改造
 CARRYGAME でばぐ
 OLION 2トリガ化
 QUEST ディスク起動
 66用ロードランナーの外付けドライブ起動


 66用コロニーオデッセイをmk2などで動か


 XOR でばぐ
 HEARTMONS でばぐ
 アステロイドチューブ でばぐ
 南青山アドベンチャー カラー化

 その他の記事は、カテゴリーから検索して下さい。

posted by えすび at 00:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

ウィザードリィ1/2/3 for P6(12)

  ウィザードリィ1/2/3 for P6

  Ver1.4をリリースしました。

  ver1.3でキャッシュ関係をいじった時に、デグレを起こしていました。
  モードが一杯あったので、テストが不十分だったようです。

  1D/1DD、内蔵/外付け、16K/64K/128Kの組み合わせで12通りです。
  プログラムの作り方が悪いせいのような気もします。


  ディスクエラー時の問題は、エラーが出ない場合は全く関係ないですが...

  以前のバージョンでは、下の方に「DISK ERROR」としか出なかったのを、88版と同じようにウインドウ表示にしています。

  というか、なぜわざわざ簡素な「DISK ERROR」を作ったのか。自分で作ったのによく分からない(^^;)

ウィザードリィ1/2/3 for P6(11)(ver1.4リリース)

  ウィザードリィ for P6

  88版→P6への変換ツールのバージョンアップをしました。

wiz1_p6.zip
wiz2_p6.zip
wiz3_p6.zip


  エミュレータでは、PC-6001VW ver310f、PC-6001V ver1.25 で動作を確認しています。


 ・Ver1.3 → ver1.4 変更点

  内蔵/外付けドライブでエラーが出た時、リトライが異常になる場合があるのを修正。
  ディスクエラー時の表示の修正(88版と同じにした)。

  1D×2で、拡張RAMが64Kの場合に起動できない問題を修正。


  説明などは、同梱のドキュメントを参照して下さい。


  シナリオ#1、#2、#3用です。

2017年11月19日

ウィザードリィ5 forP6(2)

  ウィザードリィ5 for P6

  ウィズ4が出来たので、ついでにウィズ5も移植しました。
  ベースがほぼウィズ4と同じなので、移植的にはラクでした。

  グラフィックが大きくなった事と、漢字ROM必須になったために、拡張RAMが64K以上必要になっています。


  グラフィックは、機械的に変換しています。2ドットに1ドット間引きと、8色→4色変換をしている割りには、いい感じになったと思います。元絵が写真取り込みっぽい絵なので、この手法が有効だったようです。


  変換後は、実機でゲームをしていますが、地下2階を徘徊している所です。水たまりで、2人ほど溺れました...

ウィザードリィ5 forP6(1)(ver1.0リリース)

  ウィザードリィ5 for P6

  88版→P6への変換ツールをリリースします。

wiz5_p6.zip


  エミュレータでは、PC-6001VW ver310f、PC-6001V ver1.25 で動作を確認しています。

  説明などは、同梱のドキュメントを参照して下さい。

2017年11月15日

ウィザードリィ4forP6(8)

  ウィザードリィ4 for P6


  またまたバージョンアップしましたが、セーブファイルの位置などは変わっていません。メインメニューの『セーブゲームを移す』を選ぶ事で、前バージョンのデータをコピーできます。

  今回もディスク関連(しかもディスクエラー関連)です。
  2ドライブ使用でドライブ2側にエラーが発生した時に、続行不能になる可能性があります。

  このテのはテストが難しいので、普通のプレイでは見つけにくいですね...


  ウィズ4の方は、エンディングを5種類全て見る事が出来ました。
  プレイは実機で、PC-6001mk2SR+SD6031+戦士カートリッジmk2(1024KB改造版)です。あまり遅いとかは気にならない程度だと思います。

  レア敵のグラフィックを1種類だけ見る事が出来ませんでした。BISH'S TONGUE を落とす、スペインの宗教裁判官のパーティです。



  ↓これは今年中に出来るかな。デバッグが大変そう...

171115_02_wiz5_1.jpg

ウィザードリィ4 for P6(7)(ver1.2リリース)

  ウィザードリィ4 for P6

  88版→P6への変換ツールをリリースします。

wiz4_p6.zip


 ・Ver1 → ver1.1 変更点

  内蔵/外付けドライブでエラーが出た時、リトライが異常になる場合があるのを修正。

  また、ディスクAだけでなく、ディスクB、Cにも書き込みを行いますので、ライトプロテクトは外して下さい。


  エミュレータでは、PC-6001VW ver310f、PC-6001V ver1.25 で動作を確認しています。

  説明などは、同梱のドキュメントを参照して下さい。

2017年11月07日

ウィザードリィ IV forP6(6)

  ウィザードリィIV for P6


  バージョンアップしましたが、セーブファイルの位置などは変わっていません。

  メインメニューの『セーブゲームを移す』を選ぶ事で、前バージョンのデータをコピーできます。


  やっとコズミックキューブを抜けました。その時に見つけたバグも今回修正しています。


  ウィズ1/2/3や他のプログラムのバージョンアップは、時期を見て行います。

ウィザードリィ IV forP6(5)(ver1.1リリース)

  ウィザードリィIV for P6

  88版→P6への変換ツールをリリースします。

wiz4_p6.zip


 ・Ver1 → ver1.1 変更点

  グラフィックが一部表示されない問題を修正。
  外付けドライブのエラー処理の強化。


  SD6031でSDカード未挿入やライトプロテクトが掛かっているとエラーになるようになりました。
  ただし、SDカードの抜き差しで、イメージファイル(ディスク相当)が変わる事があります。
  必要な時以外は抜き差ししないで下さい。

  また、内蔵ドライブで未挿入の場合は、検出できないので、ちゃんと入れるようにして下さい。


  また、ディスクAだけでなく、ディスクB、Cにも書き込みを行いますので、ライトプロテクトは外して下さい。


  エミュレータでは、PC-6001VW ver310f、PC-6001V ver1.25 で動作を確認しています。

  説明などは、同梱のドキュメントを参照して下さい。

2017年11月04日

ウィザードリィ IV forP6(4)

  ウィザードリィIV for P6


  分かる人には分かると思いますが、


 ●ゲーム開始直後、2×2の部屋から出られない。
 ●何もしていないのに、 W..E..R..D..N..A.. などのメッセージが出る。
 ●戦っていないのに、気付いたらゲームオーバーになっていた。


  というのはバグではありません、念の為。

ウィザードリィ IV forP6(3)

  ウィザードリィIV for P6

  ウィズ4ですが、地下4階までたどり着きました。
  ディスクの入れ替えとかも問題なく動作しているようです。


  ただ、少し問題が。

 ★外付けディスク(SD6031も含む)を使用している場合、リード/ライト時にエラーが出ても検出しない事があります。

  例えばライトプロテクトをしたまま、ゲームセーブを行っても、正常終了したようになってしまいます。
  (実際にはゲームはセーブされていない)

  リードで実機でエラーが出た場合などは、最悪ゲームが止まる可能性があります。


  この問題、ディスクのリード/ライト後に、コマンド6(センドリザルトステータス)を実行していないのが原因です。


  対処方法は簡単なのですが、過去に私が移植したソフトのほとんどで、この問題が発生します。
  数が多いので、どうするかはちょっと考えます。


  とりあえず今の所は...

★書き込みをするディスク(SDカード)は、書き込み禁止にしないで下さい。
★リードエラーが出来るだけ少ない環境で動かしてください。

  をお願いします。

2017年11月03日

ウィザードリィIV for P6(2)

  ウィザードリィIV for P6

  解析がちょっと面倒だったので途中で止めていたウィズ4ですが、最初の部分が分かると割りとすんなり解析が進んで、P6版のコンバータ作成まで漕ぎ着けました。グラフィック関連などの部分は、ウィズ1/2/3と同じ構成をしていたので、P6版でもほぼ同じプログラムになっています。

  かなり早くできたのですが、256K以上の拡張RAM関連のバグの原因がなかなかわかりませんでした。

  結局、このバグは普通でも出ていた可能性があって、たまたま拡張RAMが256K以上の時に発生するというものでした。リリース後でなくてよかってですが。


  まだ、8階の地雷原あたりまでしかプレイしていないので、他にバグがあるかも知れません。


 ○今回のハイライトバグ

  コンバートが出来た初期に、途中まで普通にゲームが出来るのに、途中でキー入力が効かなくなるバグが発生。

  キー入力ルーチンで、"CP L" が、なぜか "CPL" になっていた(^^;)


ウィザードリィIV for P6(1)(ver1リリース)

  ウィザードリィIV for P6

  88版→P6への変換ツールをリリースします。

wiz4_p6.zip


  エミュレータでは、PC-6001VW ver310f、PC-6001V ver1.25 で動作を確認しています。

  説明などは、同梱のドキュメントを参照して下さい。

2017年10月31日

ウィザードリィforP6(10)

  ウィザードリィ for P6

  Ver1.3をリリースしましたが、大きな変更はキャッシュの256K以上の対応です。


  今やっている他の移植の解析の際に、キャッシュサイズが大きくなればいいなー、と思って、ついベルーガカートリッジの改造を思いついてしまったからです(^^;)

  カートリッジのSRAM増設→ハードだけ増えても面白くない→対応ソフトを作ろう、となった次第です。


  ウィザードリィ1/2/3は、PC88版のキャッシュプログラムは自前で作ったんですが、ウィザードリィ4/5では、元のゲームに既に組み込まれています。

  PC88では、機種によって拡張RAMのサイズが違ったり、拡張RAMボードを追加したりできたようなので、ソフト側でディスクキャッシュとして利用している事が多いようです。



  今の移植ゲームは、ほとんど出来ているんですが、拡張RAMの部分のバグがなかなか取れません。
  128Kまで(普通の戦士カートリッジmkII)なら、問題なく動くんですが、256K以上だとなぜかバグってしまうというやっかいな問題に引っ掛かっています。
  エミュレータが使えないので原因を特定するのが非常に難しい状態に陥っています...

  11月中にはリリースできると思うのですが。

171031_02_wiz4_1.jpg
171031_02_wiz4_2.jpg

ウィザードリィforP6(9)(ver1.3リリース)

  ウィザードリィ for P6

  88版→P6への変換ツールのバージョンアップをしました。

wiz1_p6.zip
wiz2_p6.zip
wiz3_p6.zip

  エミュレータでは、PC-6001VW ver310f、ver4.00、PC-6001V ver1.25 で動作を確認しています。


 ・Ver1.2 → ver1.3 変更点

  拡張RAMを512Kまで対応した。

  拡張RAMが32Kの場合に起動できない問題を修正。

  移動などの効果音の音量を大きくした。
  (効果音はCAPSでON/OFFできます)


  説明などは、同梱のドキュメントを参照して下さい。


  シナリオ#1、#2、#3用です。



2017年10月28日

メモリチェック2

  だいぶ前に作った、外付け拡張RAMのメモリチェック用のプログラムを変更しました。


memcheck2.zip

  主な修正点は、戦士カートリッジmkUに対応した事です。128K〜1024Kまで対応しています。
  使い方は同梱のドキュメントを参照して下さい。


  手抜きのため、相変わらずかなり遅いです。
  1024Kをチェックするのに、30分くらいかかります...

posted by えすび at 13:58| Comment(0) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦士カートリッジmkIIメモリ増設

 戦士のカートリッジmkUのメモリ増設の改造について

 注意)改造に失敗しても当方では責任を持てませんので、自己責任でお願いします。


cpld1024K.zip

  詳しくは同梱のドキュメントを参照して下さい。


1.何をするか?

 戦士のカートリッジmkU(一般には、ベルーガ新カートリッジ)に搭載されているSRAMは、128Kバイトです。
 これを256K/512K/1024Kにする改造をします。

 ただし、SCC機能が使えなくなります(それ以外の機能はそのままです)。


2.必要なもの

 ・戦士のカートリッジmkU
 ・追加するSRAM

  256Kの場合:M68AF127BM55MC6 1個
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01083/

  512K/1024Kの場合:AS6C4008-55SIN 1個/2個
https://www.marutsu.co.jp/GoodsDetail.jsp?q=AS6C4008-55SIN&salesGoodsCode=11485249&shopNo=3

  URLは参考です。コンパチ品なら問題ないと思います。


 ・初代機以外のP6実機
 ・XilinxのCLPDを書き込める環境と技術
 ・半田付けの技術


3.仕様の変更


  SRAM:00000〜1FFFF
  ↓
  SRAM:00000〜3FFFF(256K)
  SRAM:00000〜7FFFF(512K)
  SRAM:00000〜FFFFF(1024K)


 I/Oポート0x30〜0x37を設定する事で、FLASH-ROM、RAM、SCCを割り当てます。


 ポート0x30:Bank A(0x0000〜0x1FFF)
 ポート0x31:Bank B(0x2000〜0x3FFF)
 ポート0x32:Bank C(0x4000〜0x5FFF)
 ポート0x33:Bank D(0x6000〜0x7FFF)
 ポート0x34:Bank E(0x8000〜0x9FFF)
 ポート0x35:Bank F(0xA000〜0xBFFF)
 ポート0x36:Bank G(0xC000〜0xDFFF)
 ポート0x37:Bank H(0xE000〜0xFFFF)


 各ポートに書き込む値と割り当ては以下の通りです。


 ○FLASH-ROM割り当て

 bit7-6=00時、FLASH-ROMを割り当てる。

 bit5-4:ROMセット番号(#0〜#3)
 bit3-0:ROMバンク番号(#0〜#15)

 ROMセットは、Bank A〜Bank Hで同じROMセットにしかアクセスできません。
 違う値が設定されたときは、最後にセットしたROMセット番号になります。


 ○SRAM割り当て

 bit7-6=01時、SRAMを割り当てる。
 bit5-4:RAMセット番号(#0〜#3) ←変更
 bit3-0:RAMバンク番号(#0〜#15)

 bit7-6=10時、SRAMを割り当てる(1024Kの場合)。 ←変更
 bit5-4:RAMセット番号(#0〜#3) ←変更
 bit3-0:RAMバンク番号(#0〜#15)

 512K以下の場合は、bit7-6=10時は割り当てがありません。

 RAMセットは、ROMセットと同じくBank A〜Bank Hで同じRAMセットにしかアクセスできません。
 違う値が設定されたときは、最後にセットしたRAMセット番号になります。
 ただし、ROMセット番号とRAMセット番号は別の番号が割り当てられます(独立しています)。


 ○その他

 bit7-6=11時、機能を割り当てない。


 旧ベルーガカートリッジの互換動作用のレジスタなどは変更ありません。

 参考:戦士のカートリッジmkU技術資料 http://p6ers.net/beluga/



 改造した後の写真を挙げておきます。端子の説明が文章だけなので参考にして下さい。


171028_01_メモリ増設256K_1.JPG
 メモリ増設256K(1)

171028_01_メモリ増設256K_2.JPG
 メモリ増設256K(2)

171028_01_メモリ増設1024K_1.JPG
 メモリ増設1024K(1)

171028_01_メモリ増設1024K_2.JPG
 メモリ増設1024K(2)

171028_01_メモリ増設1024K_3.JPG
 メモリ増設1024K(3)


 512Kは、1024KのSRAMの上のSRAMがないものになります(間違って写真を消しちゃった...)。

posted by えすび at 13:53| Comment(0) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

怪しいCyCloneボード再び

  RGBコンバータに使っている、怪しいCycloneボードですが、かなり安く出回っているようです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0719H7RMB/ref=pe_2107282_266464282_TE_dp_1

  アマゾンで送料込みで、2,199円です。つい、買ってしまいました(^^;)


  前回とバージョンは違い、1版の方でした。

  RGBコンバータとして使用するなら、R1、R2、R9、R10の0Ω抵抗を除去する必要があります。その他の用途に使う場合でも、邪魔なだけなので除去して問題ありません。


  ボード自体は普通に動作するのですが、なぜか電源ON時に点灯するLEDが暗いです。理由は分かりませんが、直列に入っている制限抵抗のR14の値が大きすぎるのが原因です。

  他のLEDと同じ明るさにするのなら、制限抵抗の値も同じにした方がいいでしょう。他のLEDの制限抵抗は、R15、R16、R18で1KΩなので、それと同じにするのがいいと思います。

posted by えすび at 09:40| Comment(0) | P6実機:製作・修理・改造など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

RGBコンバータ(13)

  RGBコンバータ(13)

  RGBコンバータの新しいバージョンを2017年6月5日にリリースしていますが、それについて問題が出てきました。


  怪しいCycloneIIの基板が2バージョンある事は以前にここで書いていますが、その内の1版の方の回路に問題があります(私は2版しか持っていなかったので分からなかった)。

  外付け回路というより、FPGA基板の方に問題があります。

  理由がよく分からないのですが、FPGAの26,27,80,81ピンが、0Ω抵抗を介して電源/GNDに接続されています。そのため、該当ピンを使用する事ができなくなっています。


  外付けSRAMを使用した、新しいバージョンのRGBコンバータはこのピンを使っているために、このままでは正常に動作しません。


  そのため、該当のFPGAボードを使用している方は、0Ω抵抗の除去を行って下さい。
  0Ω抵抗を除去する事に問題はないはずです。
  また、元に戻したい場合は、0Ω抵抗があった場所をショートするだけで戻ります。


○手順
1)基板裏を確認します。

  こちらが1版の基板です。R1、R2、R9、R10に、0と書かれたチップ抵抗があります。

170618_01_1版基板裏.jpg



  参考までに、これが2版の基板です。R1、R2、R9、R10と書かれた場所に抵抗はありません。

170618_01_2版基板裏.jpg


2)4つの0Ω抵抗を全て外します。不要なので廃棄して構いません。


 補足
  ピンアサインを変更する事もできるのですが、ばくてんさんの方で基板を起こしていたり、バージョンがさらに複数になるなどの問題が出てくるので、上記対応としています。


posted by えすび at 14:52| Comment(0) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

RGBコンバータ(12)

  RGBコンバータ(12)

  怪しいCycloneIIバージョンの外付けSRAM回路の追加基板を、またまたばくてんさんが作成して下さっていました。

  さっそく、入手して組み立ててみました。



 実際に追加前の基板(旧RGBコンバータ+SOP変換基板上のSRAM)と、組み立てた追加基板をアップします。

  SOP変換基板+旧RGBコンバータ

170614_01_RGBコンバータ改(1).JPG

170614_01_RGBコンバータ改(2).JPG

  SOP変換基板と旧RGBコンバータは、抵抗のリード線の切れ端を使って繋いでいます。
  横から見たら、すごい事になっています(^^;)


  追加のSRAM基板(この状態で配布される?)

170614_01_RGBコンバータ改(3).JPG



  旧RGBコンバータに追加のSRAM基板を半田付けした所

170614_01_RGBコンバータ改(4).JPG

  半田付けに慣れていないと、うまく付かないかも知れません。
  接続部分に、半田を流し込むようにする必要があります(結構、半田が流し込まれる)。


posted by えすび at 23:43| Comment(0) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする