2014年09月24日

アリスソフトforP6(4)(リトルバンパイアリリース補足)

 リトルバンパイアforP6(20140923版)の補足


  先日リリースしたリトルバンパイアの補足です。


○Bookwormさん作のD88TOOL.exe を同梱しています。また記載するのを忘れていました。申し訳ありませんでした。

○BookwormさんのHPの物置に、WIN版からのデータの音楽再生プログラムがアップされています(MAKO60)。

○前回のリリースからの変更点。
 ・オープニング画面のちょっとした変更
 ・STOP/ESC/CTRL+C のキャンセル

 ぐらいです。

 プログラムはかなり変更が入っています。これは次回作以降のための布石です。


2014年09月23日

140923_02_アリスソフトforP6(3)(リトルバンパイアリリース)

  リトルバンパイア for P6


 ○注意事項
 ・P6版に変換したものに関しては、配布禁止です。
 ・88版→P6版の変換ソフトに関しては、配布OKです。


  88版→P6SRへの変換ツールをリリースします。

lv_p6.zip


  説明などは、同梱のドキュメントを参照して下さい。


  エミュレータでは、PC-6001VW ver307a2 と、PC-6001V ver1.22 で動作確認をしました。

  PC-6001V の方は、FM音源とSSG(PSG)音源のバランスと、SRでの OUT &H93,2 に対応していない問題があります。

アリスソフトforP6(2)

  アリスソフトから返答がありました。

  大体こちらが想定していた内容でよかったです。内容は以下の通り。


 ・P6版に変換したものに関しては、配布禁止です。
 ・88版→P6版の変換ソフトに関しては、配布OKです。


  ですので、今まで通り変換ソフトのみを公開します。



  リトルバンパイアですが、バージョンアップしたものを近日中にアップします。
  内容的にはほとんど変更はありませんが、他のプログラムとの兼ね合いで変更しています。


  オープニングがちょこっと変わっています。88版のように下からワラワラっと表示されます。


  この処理なんですが、88ではキャラクタ画面+グラフィック画面の重ね合わせで簡単に実現しています。

 1)画面一杯に黒ベタキャラを表示させる。
 2)グラフィック画面をロード(重ね合わせのため、グラフィック画面は見えない)。
 3)黒ベタキャラをちょっと小さい四角のキャラにする(隙間から後ろのグラフィック画面が見える)。
 4)四角のキャラクタをだんだん小さくしていく。



  これがP6では簡単に出来ないため、SWで無理やり実現しています。

 1)OUT &H93,2で画面を表示させないようにする。
 2)VRAMに画面データをロードする。
 3)VRAMのデータをVRAM以外のRAM上に転送する。
 4)画面を消去の後、OUT &H93,3 で画面を表示させる(この時は画面は消去された状態)。
 5)RAM上のデータを、VRAMに転送する。この際、88版と同じように下から見えるように転送する。


  上記処理は、他のプログラムでも使用しています。

2014年09月11日

アリスソフトforP6(1)

  タイトルが適当だ...


  アリスソフトアーカイブズ(http://retropc.net/alice/)で公開されているPC-8801版を元に、P6SR版を変換しています。

  で、そこにあるPC-8801版ランスを動かしてみたんですが、なぜか婦警さんVXが起動しない。


  確かちゃんと動いたはずと、自分が持っているディスクイメージを確認してみると、プログラムにバグがありました(ファイル名が違うだけ)。

  初期ロットなんですかねぇ...


  せっかくなので動くようにしました。

  DISKB.D88 の一部を修正するだけで動作します。
  バイナリエディタなどで、以下の箇所を変更します。

0x064F75〜
修正前:FF 96 28 0F 31 F3 53 4E 28 44 4B 29 29 F3 22
修正後:20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 22 32

0x064F8A〜
修正前:22 F3 FF 96 28 0F 41 F3 44 4B 29
修正後:41 2E 56 58 22 20 20 20 20 20 20


  これで婦警さんVXが起動します。起動方法はアリスの館参照。