2017年04月01日

FPGAボードへの書き込み方法

  FPGAボードへの書き込み方法


  一応、書き込み方法を書いておきます。


 準備

1)USB-BLASTERを用意する。
  純正を用意できればベストですが、パチモンでも十分使えます。
  参考まで→ http://sbeach.seesaa.net/article/443951365.html

2)QuartusII または Quartus Prime をインストールする。
  Alteraのホームページから、もしくは雑誌の付録などからインストールして下さい。
  Quartus Prime の場合、64bit環境が必要になるようです。

  Webエディションという、無料で使用できるものがあるので、それで十分です。

  バージョンは新しい方がいいですが、最新の必要はありません。
 (うちのは、QuartusII 10.1 です)

3)USB-BLASTERを一度も使用した事がない場合は、USB-BLASTERを挿してドライバがインストールされるのを確認する。
  (その後で抜いてください)


 書き込み手順

 ・DE0の場合は、ボードのRUN/PROGをPROGにしておきます。

1)FPGAボードのASP端子にUSB-BLASTERを挿し込む。
2)FPGAボードの電源を入れる(外部から電源を供給する)。
3)USB-BLASTERをパソコンに挿す。
4)QuartusII/Quartus Primeを起動する。
5)メニューバーの Tools - Programmer を起動する。起動したら横に伸ばしておく。

170401_02_Programmer1.png


 Programmer のパネルで、左上の『Hardware Setup』を押し、USB-Blaster を選択する。

 その右の『Mode』は、Active Serial Programming を選択する。
 Active Serial Programming に、何か聞かれたら、Yes を押す(この設定を変えると、既に設定されているファイルが書き込めないけどいいですか?と言っている)


 Add File... を押し、〜.pof を選ぶ。

 その後、画面に追加されたファイルの右の方の項目で、Program/Configure、Verify、Blank-Check、の箇所にチェックを入れる。

 準備が出来たら、Startを押します。右上のProgress 100%(Success)になれば完了です。


6)USB-BLASTERをパソコンから抜く。
7)FPGAボードの電源を落とす。

posted by えすび at 16:05| Comment(0) | ツール:DE0・Quartus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RGBコンバータ(10)(リリース)

  RGBコンバータ(10)(リリース)

  RGBコンバータの新しいバージョンをリリースします。


怪しいCycloneIIボード1版(640x480):c2_640x480_ver2.zip

怪しいCycloneIIボード1版(1280x1024):c2_1280x1024_800_ver1.zip


怪しいCycloneIIボード2版(640x480):c2_r_640x480_ver2.zip

怪しいCycloneIIボード2版(1280x1024):c2_r_1280x1024_800_ver1.zip


DE0版(640x480):DE0_640x480_ver2.zip

DE0版(1280x1024):DE0_1280x1024_1000_ver1.zip


DesignWare 2003年10月号付録Cycloneボード版(1280x1024):c1_1280x1024_800_ver1.zip





  使用するボード、モニタの解像度に合わせて、使用して下さい。
  搭載しているCycloneの内蔵メモリの容量によって、実現できる解像度が異なります。



  怪しいCycloneIIボードが、1と2の二つありますが、73ピンのパワーオンリセットの回路のみが違うものがあります。

  ボード1:電源投入時、L→H
  ボード2:電源投入時、H→L

  基板の裏をよーく見るとわかるんですが、面倒な場合はどちらか動く方を使用して下さい。
 (リセットが違うので、別バージョンのものを書き込むと、ボタンを押してもLEDが点灯しません)




  使用方法などは前回と変わっていません。一応、前回に掲載したものを再掲します。


 ・使い方

  ボードに電源を供給して、mk2/66/mk2SR/66SRを起動すると、普通に表示されます。
  mk2SR/66SR使用時は、クロック出力を3.58MHzの方にして下さい(普通はこちらになっています)。


 ・怪しいCycloneIIボード版
  ボード上のプッシュスイッチを押すと、にじみが出せます。
  プッシュスイッチを押す毎に、にじみなし→赤青→青赤→桃緑→緑桃→にじみなし、となります。

  ボード上の3つのLEDは、以下を示しています。
  D2:にじみ処理時、点灯
  D4:mk2SR/66SR時、点灯
  D5:データ同期時、点灯


 ・DE0版
  ボード上のBUTTON2を押すと、にじみが出せます。
  BUTTON2を押す毎に、にじみなし→赤青→青赤→桃緑→緑桃→にじみなし、となります。
  BUTTON0を押すと、リセットします。

  ボード上のLEDは、以下を示しています。
  LED0:にじみ処理時、点灯
  LED1:mk2SR/66SR時、点灯
  LED2:PLLロック時、点灯(普通は常時点灯)
  LED3:P6からのクロック入力時、点灯
  LED4:P6からのデータ入力時、点灯
  LED5:データ同期時、点灯(320x200同期)
  LED6:データ同期時、点灯(256x192同期)

  ボード上の7SEGは、以下を示します。
  左2桁:クロックに対するデータの遅延値
  右2桁:クロックに対するHSYNCNの遅延値

  下位桁は、1〜7です。単位は10nsです。
posted by えすび at 13:01| Comment(2) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする