2017年04月16日

ゲームボーイカートリッジの吸出し

  何となく必要に迫られて作りました、その2。

  P6のFDDインタフェースを利用した、ゲームボーイ/ゲームボーイカラーのカートリッジの吸出しプログラムです。
  文章が使い回しのようなのは気のせいです(^^;)


 注意事項:
  下記の手順に従っても、最悪の場合Huカードが壊れたり、データが消えたりする可能性があります。
  当方では責任を負えませんので、あくまで自己責任で行って下さい。


○必要な環境

 1)PC-6001mk2 or PC-6001mk2SR
   P6用RS-232Cボード
   吸出し用回路(後述)

   パソコン側のRS-232Cが読めるハードウエア環境


 もしくは

 2)PC-6601 or PC-6601SR
   6601/6601SR用フロッピーインタフェース(http://sbeach.seesaa.net/article/387861528.html
   P6用RS-232Cボード
   吸出し用回路(後述)

   パソコン側のRS-232Cが読めるハードウエア環境


吸出し用回路図
170416_02_ゲームボーイ吸出し回路図.PNG



○用意

 1)吸出し用回路を作成する。面倒ですが...

  FDDインタフェースと接続は、出来るだけ短くして、なおかつGNDの線は全部繋いで下さい。
  この辺りで手を抜くと、吸い出したデータが化ける事があります(ずいぶん苦労させられました)。

  また、FDDインタフェースからは電源が取れないので、他に5V電源を用意する必要があります。
  (P6のジョイスティック端子から取るのが一番簡単です)


  ゲームボーイのカートリッジを挿すためのコネクタですが、コネクタ単体を入手するのは困難だと思います。
  簡単かつ安価なのは、スーパーゲームボーイを改造することだと思います。

  私の場合、以下のように加工しました。

  1)カートリッジのコネクタ、その他の部品を全てを外す。
  2)コネクタに繋がる基板パターンをカットする
  3)カートリッジのコネクタを元通りに半田付けする。
  4)後の配線を行う。


  ちなみに作るとこんな感じになりました。内部配線はかなり汚いです。

170416_02_ゲームボーイ吸出し外観.jpg
170416_02_ゲームボーイ吸出し基板表.jpg
170416_02_ゲームボーイ吸出し基板裏.jpg

  基板の上の方にある黒い塊は、74LS374を2つ親子カメにしたものです。配線を少なくなるようにしています。



 2)必要なソフトウエアを用意する。

  P6用:gbload.zip←これを使用して下さい。

  Winパソコン側:
   シリアル通信ソフト Acknowrich(http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/prog/se089304.html
   ROMチェッカー ROM Checker(http://mrchecker.web.fc2.com/



○使い方
 1)それぞれを接続する。ただし吸出し回路の電源SWはOFFにしておく。
 2)Acknowrichを起動し、該当するシリアルデバイスを開く。
 3)P6側の設定に合わせて、ボーレート、パリティなどを設定する。
   例えば、うちの環境だと、P6のボーレートが4800bpsなので、
   Acknowrichの設定は、307200bps、Parity=EVEN、StopBit=1.0、Length=8にしています。
   (307200 = 4800x64)
 4)P6をMODE=5、PAGE=3で起動する。
 5)CLOAD、RUNする。PC-6601/PC-6601SRの場合は、RUNする前に、OUT &HB1,4 を入力して下さい。
 6)まず p を押して、パラメータ設定を行う。
   その後は順に、StopBit=1、Parity=even、Length=8、BautRate=x64 を設定する。
 7)カートリッジをコネクタに挿す。
 8)吸出し回路の電源をONにする
 9)Acknowrich のメニューから、編集−ファイル転送を選択し、開いたダイアログの上から4行目の受信オプションにファイル名を入力する。拡張子は〜.gb もしくは〜.gbc にする。
 10)受信ボタンを押す。ファイルを生成するフォルダを聞いてくるので、選択するとその後に、受信状態になる。
 11)P6側で、A を押して、カートリッジを読み取らせる。カートリッジの情報を表示した後、読み込みます。
 12)読み込みが終了したら、Acknowrich のダイアログの やめる を押す。
 13)セーブファイルがある場合は、続いて送信するので、同様に編集−ファイル転送を選択し、ファイル名に〜.savとしてファイルを受信する。
 14)ファイルが生成されているので、そのファイルをROMチェッカーで検査する。
 15)吸出し回路の電源をOFFにしてから、カートリッジを抜く。


  最初にエラーが出力される(LOGO Error、Header SUM Error)場合は、電源を切った後、カートリッジを抜き差ししてみてください(もしくは端子周りを掃除する)。
  ファイルが生成されるが、ROMチェッカーでエラーになるときは、何度か試して下さい。
  カートリッジを抜き差ししていないのに、ファイル内容が異なる時は、電源周りが怪しいです。


○その他のメニュー

 1)B キー
   内部RAMのデータのみセーブします。
 2)C キー
   内部RAMのデータを初期化します。具体的には、全RAM領域に0xFFを書き込みます。
 3)I キー
   カートリッジの情報を表示のみ行います。


posted by えすび at 16:29| Comment(0) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCエンジンHuカードの吸出し

  何となく必要に迫られて作りました。

  P6のFDDインタフェースを利用した、PCエンジンのHuカードの吸出しプログラムです。


 注意事項:
  下記の手順に従っても、最悪の場合Huカードが壊れたり、データが消えたりする可能性があります。
  当方では責任を負えませんので、あくまで自己責任で行って下さい。


○必要な環境

 1)PC-6001mk2 or PC-6001mk2SR
   P6用RS-232Cボード
   吸出し用回路(後述)

   パソコン側のRS-232Cが読めるハードウエア環境


 もしくは

 2)PC-6601 or PC-6601SR
   6601/6601SR用フロッピーインタフェース(http://sbeach.seesaa.net/article/387861528.html
   P6用RS-232Cボード
   吸出し用回路(後述)

   パソコン側のRS-232Cが読めるハードウエア環境


吸出し用回路図
170416_01_pce吸出し回路図.PNG



○用意

 1)吸出し用回路を作成する。面倒ですが...

  FDDインタフェースと接続は、出来るだけ短くして、なおかつGNDの線は全部繋いで下さい。
  この辺りで手を抜くと、吸い出したデータが化ける事があります(ずいぶん苦労させられました)。

  Huカードのコネクタが一番入手が困難だと思います。私はPCエンジン実機から取りました。

  また、FDDインタフェースからは電源が取れないので、他に5V電源を用意する必要があります。
  (P6のジョイスティック端子から取るのが一番簡単です)


  ちなみに作るとこんな感じになりました。かなり汚いですが。

170416_01_Huカード吸出し表.jpg

170416_01_Huカード吸出し裏.jpg


 2)必要なソフトウエアを用意する。

  P6用:pceload.zip←これを使用して下さ

い。

  Winパソコン側:
   シリアル通信ソフト Acknowrich(http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/prog/se089304.html
   ROMチェッカー ROM Checker(http://mrchecker.web.fc2.com/



○使い方
 1)それぞれを接続する。ただし吸出し回路の電源SWはOFFにしておく。
 2)Acknowrichを起動し、該当するシリアルデバイスを開く。
 3)P6側の設定に合わせて、ボーレート、パリティなどを設定する。
   例えば、うちの環境だと、P6のボーレートが4800bpsなので、
   Acknowrichの設定は、307200bps、Parity=EVEN、StopBit=1.0、Length=8にしています。
   (307200 = 4800x64)
 4)P6をMODE=5、PAGE=4で起動する。
 5)CLOAD、RUNする。PC-6601/PC-6601SRの場合は、RUNする前に、OUT &HB1,4 を入力して下さい。
 6)まず p を押して、パラメータ設定を行う。
   その後は順に、StopBit=1、Parity=even、Length=8、BautRate=x64 を設定する。
 7)Huカードをコネクタに挿す。
 8)吸出し回路の電源をONにする
 9)Acknowrich のメニューから、編集ーファイル転送を選択し、開いたダイアログの上から4行目の受信オプションにファイル名を入力する。拡張子は〜.pceにする。
 10)受信ボタンを押す。ファイルを生成するフォルダを聞いてくるので、選択するとその後に、受信状態になる。
 11)P6側で、A を押して、Huカードを読み取らせる。ファイルサイズなどは自動で算出されます。
 12)読み込みが終了したら、Acknowrich のダイアログの やめる を押す。
 13)ファイルが生成されているので、そのファイルをROMチェッカーで検査する。
 14)吸出し回路の電源をOFFにしてから、Huカードを抜く。


  ファイルが生成されるが、ROMチェッカーでエラーになるときは、何度か試して下さい。
  Huカードを抜き差ししていないのに、ファイル内容が異なる時は、電源周りが怪しいです。




posted by えすび at 01:37| Comment(6) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする