2017年06月18日

RGBコンバータ(13)

  RGBコンバータ(13)

  RGBコンバータの新しいバージョンを2017年6月5日にリリースしていますが、それについて問題が出てきました。


  怪しいCycloneIIの基板が2バージョンある事は以前にここで書いていますが、その内の1版の方の回路に問題があります(私は2版しか持っていなかったので分からなかった)。

  外付け回路というより、FPGA基板の方に問題があります。

  理由がよく分からないのですが、FPGAの26,27,80,81ピンが、0Ω抵抗を介して電源/GNDに接続されています。そのため、該当ピンを使用する事ができなくなっています。


  外付けSRAMを使用した、新しいバージョンのRGBコンバータはこのピンを使っているために、このままでは正常に動作しません。


  そのため、該当のFPGAボードを使用している方は、0Ω抵抗の除去を行って下さい。
  0Ω抵抗を除去する事に問題はないはずです。
  また、元に戻したい場合は、0Ω抵抗があった場所をショートするだけで戻ります。


○手順
1)基板裏を確認します。

  こちらが1版の基板です。R1、R2、R9、R10に、0と書かれたチップ抵抗があります。

170618_01_1版基板裏.jpg



  参考までに、これが2版の基板です。R1、R2、R9、R10と書かれた場所に抵抗はありません。

170618_01_2版基板裏.jpg


2)4つの0Ω抵抗を全て外します。不要なので廃棄して構いません。


 補足
  ピンアサインを変更する事もできるのですが、ばくてんさんの方で基板を起こしていたり、バージョンがさらに複数になるなどの問題が出てくるので、上記対応としています。


posted by えすび at 14:52| Comment(0) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする