2017年09月02日

怪しいCyCloneボード再び

  RGBコンバータに使っている、怪しいCycloneボードですが、かなり安く出回っているようです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0719H7RMB/ref=pe_2107282_266464282_TE_dp_1

  アマゾンで送料込みで、2,199円です。つい、買ってしまいました(^^;)


  前回とバージョンは違い、1版の方でした。

  RGBコンバータとして使用するなら、R1、R2、R9、R10の0Ω抵抗を除去する必要があります。その他の用途に使う場合でも、邪魔なだけなので除去して問題ありません。


  ボード自体は普通に動作するのですが、なぜか電源ON時に点灯するLEDが暗いです。理由は分かりませんが、直列に入っている制限抵抗のR14の値が大きすぎるのが原因です。

  他のLEDと同じ明るさにするのなら、制限抵抗の値も同じにした方がいいでしょう。他のLEDの制限抵抗は、R15、R16、R18で1KΩなので、それと同じにするのがいいと思います。

posted by えすび at 09:40| Comment(0) | P6実機:製作・修理・改造など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする