2018年06月03日

ベルーガのバージョンについて

  P6月間なので?...(その3)

  ツイッターを見てちょっと気付いたんですが...P6版ベルーガに複数バージョンがあったんですね。

  私が把握しているのでは、以下のようです。


1)初代ベルーガ(西田ラジオ製のカートリッジ)
http://tulip-house.ddo.jp/digital/BELUGA/index.html

  カートリッジは木製、プリント基板自作版のようです。
  松島さんの要求の元に、西田さんが回路を作成しています。


2)テープ版ベルーガ
http://p6ers.net/hashi/p6dojin.html
(FantasyWood物語の下の方)

  HashiさんのHPで、過去に通販していました。イベントでも販売していたようです。
  特攻空母ベルーガmkII のタイトルになっていますが、mk2以降で動作する、という意味のようです。


3)FD版ベルーガ
  多分、一般には出回っていないものです。SRの判定などの起動ルーチンの問題があって、それの修正をする必要があるためです。私はオフ会で購入しました。


4)初代ベルーガクローン(ばくてんさん製カートリッジ)
http://bakutendo.blog87.fc2.com/blog-entry-290.html

  ばくてんが作成した、初代ベルーガカートリッジクローンに、ベルーガのプログラムを書き込んだものになります。回路的には初代のものと同様ですが、SHIFTキーを押しながら起動するとPC-6006相当になるというものです。
  現在は頒布を終了していると思います。


5)新ベルーガ(戦士カートリッジmk2)
http://p6ers.net/hashi/p6dojin.html
(上から4番目の方)

http://p6ers.net/beluga/
(カートリッジの説明)

  HashiさんのHPで紹介されているものです。基本的にイベントで販売しています。
  ROMが512K、RAMが128K搭載されており、他のプログラムを作成する時にも役立ちます。


6)Win用ベルーガ
http://p6ers.net/hashi/beluga1.html

  松島さん作成のWindows上で動作する、8ビット風4色ベルーガです。
  エミュレータではないと思いますが...


  タイトル画面に至るまでには、それぞれの起動用プログラムが走るため、演出などがいろいろ違います。

1)初代ベルーガ:不明(多分何もなし)
2)テープ版ベルーガ:1枚絵表示+BGM
3)FD版ベルーガ:TinyProjectロゴ+ランダムで4枚中1枚絵表示
4)初代ベルーガクローン:1枚絵+MEGA SYSTEM600表示
5)新ベルーガ:TinyProjectロゴ2枚中1枚+ランダムで4枚中1枚絵表示
6)Win版ベルーガ:FOUR COLOR SYSTEM、ローレゾ25周年記念ゲームの表示

4)は間違っているかも(どのデータを頒布していたかよく知らないので)。



  で...ツイッターで気になったんですが。

  タイトル画面がバージョンによって微妙に違う(!)

  2)テープ版ベルーガ
180603_01_ベルーガCMT.png

  3)FD版ベルーガ
180603_01_ベルーガFD.png

  4)初代ベルーガクローン
180603_01_ベルーガROM.png

  5)新ベルーガ
180603_01_ベルーガ新ROM.png

  6)Win版ベルーガ
180603_01_ベルーガwin.png


  エミュレータで全部表示させました。
  P6Vか、P6VWかとか、初代機かmk2以降かの違いはありますが、基本的に2)、4)、5)は同じもののはずです。
  3)FD版と、6)WIN版ですが、タイトルがびみょーに違います。

  違う理由は、分かるような分からないような...
  私は、新ベルーガカートリッジしか関わっていないので、最近の事しか知らないのでした。

posted by えすび at 01:26| Comment(2) | SW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする