2011年09月30日

カラーLCD購入

 今日、医者に行ったついでに日本橋に行きました。

 お目当ては、持ち運び可能のPC-6001のためのLCD。ついでに、キャラクタの表示用のLCDも買おうかと(ボードの正規品は4000円と高い)。
 デジットでいろいろ探してみると、白黒のLCDはいろいろと安いのがたくさんあるけど、カラーは殆どなかった。

 で、見つけたのが、タッチパネル付きのカラーLCD(型番:KCG047QV1AE-G00)。

 2500円でまあまあ手頃で、ドットが 320×200 と、まるで PC-6001mkII を作れと言っているようだ。

 使えそうなので買ってみる。店員にインバータやら変換コネクタやらを勧められたが、とりあえず買わないでおく。
 インバーターは何とかなりそうだが、変換コネクタは、フレキのケーブルが必要っぽい。

 ついでに怪しげなノーチェックのカラーLCDも買う(300円)。箱に『CRマリンギャルズ』と書いていたから、パチンコの液晶のようだ。
 何気なく2つ買って、帰ってから見たら、『CRマリンギャルズ』と『マリンギャルズ』と別だった。演出でも違うんかな?


 帰りに共立電子に寄って、キャラクタLCD(800円)とコネクタ類を買う。
 帰ってから袋の中を見ると広告があり、その広告は『DE0 nano』と『DE0』の広告が。

 もう少し早く知っていたら、要らない本を買わずに済んだのに...


 DE0 nano のスペックを見てみると、DE0 よりも(多少)よくなってます。CycloneIV になってますから。

 http://www.terasic.com.tw/cgi-bin/page/archive.pl?Language=English&No=593


posted by えすび at 14:58| Comment(0) | FPGA化:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。