2012年02月07日

リリース(7)について

  画面間引きモード(間引いた分、CPUが動けるようになるので、結果的に速く動く)を実装しました。

  左端にゴミが出る問題は、CRTCのバグでした(通常の使い方では問題は顕在化しません)。


  間引きモードは、CMTロード時だけでなく、SW3 にも割り当てました。

  ON にすると、2〜3倍速になりますので、結構面白いです。
 (タイマで動きを制御しているソフトには、NGですが)


posted by えすび at 16:12| Comment(6) | FPGA化:リリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リリースお疲れさまです☆

早速画面間引きモード試してみました。(^^
通常なら、まったり楽しめるP6ディグダグが、一変して
高速ディグダグになるのが面白いですね。

http://twitpic.com/8gtzrz

時間があれば他にもイロイロ試してみます。
Posted by すさずま at 2012年02月07日 20:57
リリース来た!…ん?

…pofファイルが前バージョンのようです(^^;
折角だからsof→pofの手順を試してみようかな。
Posted by JOT at 2012年02月07日 23:11
aliceteabreakと申します。

初めて投稿します。

PC-6001F感動しました。
PC-6601ユーザなので、PC-6601もぜひとも実現お願いします!
コロニーオデッセイが動くのを見てみたいです。

ところで、ドアドアmkII(mkII, 66版)が動いてくれません。
テープロードは終わるのですが、最後に”D"を表示して止まります。
(>_<)

PC6001VWでは動くイメージなのですが・・・

他いろいろ動かしてみたいと思います。
Posted by aliceteabreak at 2012年02月08日 00:11
  >すさずまさん

  画面間引きモードは基本的にはオマケ機能ですので、動かないソフトも出てくるかとは思います。

  また、CPUの加速ではなく減速も作ろうかなー、とは思っています。昔のアクションゲームに、反射神経が追いついてないので(^^;

Posted by えすび at 2012年02月08日 13:45
 >JOTさん

 指摘ありがとうございます。

 動作するのを確認しただけで、pofファイル自体を作るのを忘れてました(^^;;;

 pofファイルをアップし直しましたので、そちらを使ってください。
Posted by えすび at 2012年02月08日 13:48
 >aliceteabreak さん

 コメントありがとうございます。

 PC-6601 の対応(というか、FDDの対応)は、将来的にするつもりです。今の所、未対応で大きな所は、

・CMT セーブ
・FDD
・音声合成

 です。順次対応予定ですので、しばしお待ちを。

 ちなみにmk2のROMでなく、PC-6601 のROM でも多分動作すると思います。ハード的には全く同じなので。


 で、ドアドアの件ですが、CMT のロードは等速で行っているでしょうか?

 メニューの上から3行目の CMT READ ACC. をOFF でロードしてみて下さい。

 これで、数回ほど試してもNG の場合は、また報告して頂けると有難いです。

 よろしくお願いします。
Posted by えすび at 2012年02月08日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。