2012年03月16日

リリース(11)について

 やっと CMT save が出来るようになりました。

 デバッグはしていますが、予期せぬ不具合などの可能性で、SDカードの内容が破壊される可能性がありますので、必ずバックアップを取っておいて下さい。


 また、セーブファイルには制限がありますので注意して下さい。

 詳しくは同梱のドキュメントに書いていますが、『先にファイルを作っておく』必要があります。


 さらに、BASIC-ROM の格納場所を変えましたので、そちらも変更をお願いします。
 (ROM ディレクトリ下に格納する)


 また、ロード中に、ブロック転送を行っているプログラム(例えば、TRACER など)が、正常にロードできない問題を修正しています。


posted by えすび at 18:48| Comment(2) | FPGA化:リリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この辺の仕様を決めるのが難しいですね。
あまり汎用的では無いと、独自すぎてユーザビリティが悪くなるし…
Posted by Hashi at 2012年03月16日 22:08
 セーブファイルに関しては、面倒な事ばかりなんです。
 (すでにかなり嫌気が差してる...)

 ファイルの新規作成を可能にするには、

 ・ファイル名を入力するためのキー入力を可能にする
 ・禁止文字をチェックし、変換する。
 ・同じディレクトリに同じ名前がないかをチェックする
 ・ディレクトリに格納できる数を超えていないかをチェックする
 ・ディレクトリの空いている箇所を探す
 ・作成した日時を記録する

 と面倒な事ばかり...

 特に最後の日時に関しては、DE0 では不可能ですので、固定の日時にするしかありません。

 あんまり使う機能じゃないと思ってるので、仕様は手抜きです。


 気が向いたら、修正するかも知れません。

Posted by えすび at 2012年03月17日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。