2012年03月21日

リリース(12)について

 バージョン番号が、222です。にーにーにーです。
 でもネコは関係ありません。


 CMTファイルを読み込むルーチンをいじったので、ついでにP6T のオートコマンドに対応しました。

 これでだいぶ使い勝手がよくなったかと思います。


 P6T フォーマットに関しては、以下を参照して下さい。

 Bernieさんの『BernOut!』内の、Develop の下の P6toP6T
 http://p6ers.net/bernie/index.html
 http://p6ers.net/bernie/develop/p6top6tw.html

 ゆみたろさんの『ぱぴこんのこころ』内の、ツール、技術情報など
 http://papicom.net/index.html
 http://papicom.net/p6v/tool.html
 http://papicom.net/p6v/tech.html


 P6toP6T を使う時、とりあえずベタを選んで変換するだけで、オートコマンドが付けられます。



posted by えすび at 21:43| Comment(0) | FPGA化:リリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。