2012年10月22日

RS232Cボードを動かす(3)の追記

  誤解(?)を受ける前に訂正。

>  ただ、送信側は 1/1 を使っても特に問題がありません。
>
>  ちなみに試した所、307200bps(4800×64)まで、正常に送信できました。ただ、フロー制御を効かせているので、データが途切れてる可能性はあります。


  送信の処理に、CPUクロックで100クロック(大体10命令)で済むとして、かかる時間は

  100×(1/4MHz)=25μS


  この処理が1秒間に出来る回数は

  1/(25μS) = 40K 回(40000回)


  ボーレートに直すと

  40K × 8 bit = 320 Kbps


  です。


  今のプログラムでは、バスリクエストをそのままにしているので、307200bps(307Kbps)は出ていないですね。

  OUT &H93,2 をした状態で送信しないと、ちゃんと速度が出ていない事になります。

posted by えすび at 20:51| Comment(0) | SW:ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。