2012年12月02日

マウスを動かす(3)

  初代P6 で描画期間が検出できるようになったので、マウスのサンプルプログラムも移植しました。

  PAGE2 です。拡張RAMはどちらでも構いません。mk2以降なら MODE1/2 です。

mouse2_p6.zip


  起動すると画面にカーソルが出て、マウスで移動させる事ができます。
  左右のトリガを両方押すと、終了します。


  先にアップしたマウスのサンプルプログラムから、垂直同期の検出を変更したのと、スクリーンの幅を高さを変えただけです。


  マウスに対してのアクセスの開始は一定間隔でなくてもいいので、いろいろとプログラムが組めそうではあります。マウスでパッドを移動するブロック崩しとか...


posted by えすび at 23:37| Comment(0) | SW:ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。