2014年04月12日

ROMカートリッジユーティリティ

  ROMカートリッジのユーティリティを作りました。

 ・ROMカートリッジからデータを読み出して、ディスクにセーブする。
 ・ディスクにセーブしたデータを読み出し、立ち上げる。

  が出来ます。


exrom.zip


  ただし、ROMカートリッジからデータを読み出すためには、P6の改造が一部必要になる場合があります。
  詳しくは同梱のマニュアルを参照して下さい。


  制御プログラム(BASIC)の方は手抜きのため、ファイル名などのチェックは行っていません。
  単純にBLOAD/BSAVEをしているだけです。



  BASICに返ってこないゲームなどは特に問題なく起動しますが、起動した後にBASICが起動するようなものは、BASICが起動してから不安定になる事があります(原因不明)。

  動作機種がmk2以降対応のため、初代機専用の画面モードを使用しているもの(ex:GHOST HUNTER)や、初代機専用のもの(ex:EXAS-BASICコンパイラ)は、うまく動作しません。


140412_01_exrom改造部分.JPG

  mk2に簡易版の改造回路を組み込んだ写真です。下の基板のキズが入っている箇所がパターンカットした部分です。

posted by えすび at 13:49| Comment(0) | P6解析:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。