2016年05月23日

SD6031Air使用記

  SD6031Airを入手したので、実機で使用してみました。

  気付いた点というか問題点というかをまとめてみました。


H/W面

1.本体に接続すると、読み出し/書き込みのLEDが見えなくなる。

  これは以前のSD6031に比べて基板が小さくなっているためです。ちょっと不便かも。


2.本体後ろに挿した時にちょっとぐらつく

  これもSD6031と比べると、若干薄くなっているためのようです。
  そのために、支えるためのビスが付属されています(最初、何の部品か分からなかった^^;)。



S/W面

1.通常使用は、mk2でもmk2SRでも使用が可能。しかし一部コマンドが不可。

  試したのは、2GのSDカードと、8GのSDHCカードで、Airではなく普通のSDカードです。
  フォーマットも1Dと1DDの両方を使用しましたが、BASICなどで使用する分には問題ありません。

  また、拡張コマンドのHDDモードなども特に問題なく動作しました。

  ただし、追加した一部コマンドが使用不可でした。

 ○4バイト高速ライト系(コマンド0x86、0x87)
 ○イメージファイルの変更(コマンド0xFE)

  私が88から移植しているゲームは、上記4バイト高速ライトを使用しているので、軒並みNGです(OKなのは、書き込みしないイシターぐらい)。

  せっかくのAirの機能ですが、ブラウザの設定などの関連で試せていません。


2.INIT.P31 を最初に読み込みに行かない。

  これは多分仕様変更のためだと思います。Airでブラウザで使用してね、という事だと思いますが。


  上記1、2の問題があり、イメージセレクタは使用できません(INIT.P31を最新にしても、イメージファイルの変更が出来ないため、イメージセレクタは使用不可)。




  とりあえずソースを眺めていて、4バイト高速ライト系に関しては修正してみました。

160523_SD6031AIR.zip


  うちの環境が古いので、修正しなくていいソース(SD.h)まで修正していますが...


  ファームウエアのアップデートの方法は以下の通りです。
  (アップデートは自己責任で行って下さい。アップデート、アップデート後の問題についても責任は負えませんので)。

 1)適当なSD/SDHCカードを用意する。出来れば中身が入っていないのがいい。
 2)SD/SDHCカードのルートに、SD6031AR.hex をコピーする。
 3)SD6031Air の電源を切る。さらに P6 から抜いておく。
 4)SD/SDHCカードをSD6031Airに挿入する。
 5)SD6031Air の電源を入れる。
 6)ファームウエアのアップデートが行われ、LEDが2回点滅する(電源を入れてからすぐに完了します)。
 7)LEDが2回点滅しない場合は、再度電源OFF、ONしてみて下さい。
 8)ファームウエアのアップデートが完了したら、忘れずに、SD/SDHCカード上のSD6031AR.hex を消しておく。


 3)の P6 から抜いておく、というのと、8)のSD6031AR.hex を消しておく、というのが重要です。



  イメージファイルの変更などは、Airに絡む部分なので安易に変更できないかなーと思ってます。



posted by えすび at 23:32| Comment(0) | HW:SD6031 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。