2016年11月12日

RGBコンバータ(1)

  RGBコンバータの件

  ほとんど設計は完了して、実際に使っているのですがどうも不安定です。

  いろいろと作り方はあると思うのですが、今回は以下のように作っています。

1)P6からはクロックを貰わない
2)P6からのHSYNCパルスを元に、14.318MHzクロックを再生する。
 →基板クロックから内部100MHzを作り、デジタルPLLっぽい事をする。
3)出力は、VGAの640x480に対応する。出力クロックは、100MHzの1/4の25MHz。
4)横方向はそのまま出力。縦方向は、P6のデータ1ラインに対して、VGAのデータ2ラインを出力する。
5)4)の実現のため、4ライン分のDPRAMを設ける。
6)P6からの入力の方がVGA出力よりも速いので、VGAへのVSYNC出力を変化させる。通常は524ラインで、たまに523ラインで出力する(規格は525ライン)。


  上記の方式で設計すると、mk2では普通に動くのですが、mk2SRでは画像にノイズが乗りました。
 2)のクロック再生がうまく動作していなくて、データをたまに取りこぼしています。

  調べてみると、mk2SRの場合、内部14.318MHzに対して、HSYNCの出力の遅延値が一定ではなく、20ns以上もずれる事がある事が判明しました(VSYNC=Lを出力する時に大きくずれる)。

  結局、HSYNC×VSYNC の周期、つまり1画面分を元に、デジタルPLLっぽい事をすると、安定して動作するようになりました。


  これでリリースしようとしていたのですが...長時間使用していると、最初に合わせた位置からずれてきます。
  多分、熱などの影響で、遅延値が変わるためだと思われます。


  このままでも使用できなくはないのですが、やはり自動追従した方がよさそうなので、リリースはもうちょっと後になります。


  年内に終わればいいな...

posted by えすび at 18:14| Comment(0) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。