2016年11月22日

RGBコンバータ(4)(リリース)

  RGBコンバータの件

  やっと完成しましたので、リリースします。

  DE0版:ver4_DE0.zip

  怪しいCycloneIIボード版:ver4_c2.zip


  回路図も同梱していますので、そちらを参考にして下さい。

  DE0版では、2種類(74LCX245を使っているのと、使っていないの)あります。
  多分、両方動作すると思うんですが、74LCX245を使っていないバージョンは試してません(^^;)

  74LCX245ですが、5V→3.3Vへの変換用なので、トレランス機能を持っているものなら何でもいいかと思います(ex.74VHC245)


 ・使い方
  ボードに電源を供給して、mk2/66/mk2SR/66SRを起動すると、普通に表示されます。
  mk2SR/66SR使用時は、クロック出力を3.58MHzの方にして下さい(普通はこちらになっています)。


 ・怪しいCycloneIIボード版
  ボード上のプッシュスイッチを押すと、にじみが出せます。
  プッシュスイッチを押す毎に、にじみなし→赤青→青赤→桃緑→緑桃→にじみなし、となります。

  ボード上の3つのLEDは、以下を示しています。
  D2:にじみ処理時、点灯
  D4:mk2SR/66SR時、点灯
  D5:データ同期時、点灯


 ・DE0版
  ボード上のBUTTON2を押すと、にじみが出せます。
  BUTTON2を押す毎に、にじみなし→赤青→青赤→桃緑→緑桃→にじみなし、となります。
  BUTTON0を押すと、リセットします。

  ボード上のLEDは、以下を示しています。
  LED0:にじみ処理時、点灯
  LED1:mk2SR/66SR時、点灯
  LED2:PLLロック時、点灯(普通は常時点灯)
  LED3:P6からのクロック入力時、点灯
  LED4:P6からのデータ入力時、点灯
  LED5:データ同期時、点灯(320x200同期)
  LED6:データ同期時、点灯(256x192同期)

  ボード上の7SEGは、以下を示します。
  左2桁:クロックに対するデータの遅延値
  右2桁:クロックに対するHSYNCNの遅延値

  下位桁は、1〜7です。単位は10nsです。

posted by えすび at 01:06| Comment(8) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これまで8色表示で我慢していたmk2SRがついに16色表示できました

まずDE0版74LCX245無しバージョンが動作しました
それから怪しいCycloneIIボード版もなんとか作成できました

せっかくなのでDE0はPC-6001Fとかで遊んでみたいと思います

ありがとうございました
Posted by ななしん at 2017年01月04日 22:06
動作報告ありがとうございます。

640x200で表示させるとよく分かると思いますが、かなり綺麗に映ると思います。

モニタによっては映らないことがあるのが問題ですが。

Posted by えすび at 2017年01月05日 09:34
LILLY エレクトロニクスのボードが届いたので,
怪しいCycloneIIボード版を試してみました。

しかし残念ながら,P6mkII ではまったく絵が出ませんでした。

rgbconv jic をそのまま Flash に書き込んだのでは
P6mkII/6601 では使えなくて,クロック出力の変更という
操作が必要でしょうか (ソースを書き換えてビルドするとか) 。

一方,P6mkIISR では,映像は出ましたが,
発色がおかしい感じで画面の乱れもありました。
Posted by Ackieee at 2017年02月06日 03:08
PC-6001mkIISRに接続したときの様子。
発色に異常があり,映像が乱れています。
https://twitter.com/Ackieee/status/828284687156076545

MODE2モノクロ画面でのカラー表示。
正しく動作しているように見えます。
https://twitter.com/Ackieee/status/828289621368807424
Posted by Ackieee at 2017年02月06日 07:58
すみませんが、製作した基板の写真をアップしてもらえませんか?
部品面、半田面の両方をお願いします。

Posted by えすび at 2017年02月06日 08:30
 後、mk2、mk2SRで使ったときに、3つのLEDはどうなっているでしょうか?

 LED[0](D2)は、ボタンを押した時に点灯するはずです(擬似色ずれ再現モード)。5回押すと消灯します。
 LED[1](D4)は、SRでは点灯、mk2/66では消灯のはずです(以後、点灯しっぱなし)。
 LED[2](D5)は、通常のBASIC起動画面が表示されたら、点灯になるはずです(以後、点灯しっぱなし)。

Posted by えすび at 2017年02月06日 22:13
 それから、画像が乱れるのは、GNDが安定していない可能性があります。

・パスコンはICの近くの電源GND間に入れる。
・P6から変換基板の配線は出来れば短くする。
・変換基板のGNDは出来れば太い配線で。
・RGB出力の15PIN出力のコネクタへの接続は、GNDは全部接続する。

 こんなの影響があるのか?と思うのですが、何度かやった経験上です。
 この辺りの手を抜くと、画面にノイズが入ったりします。


Posted by えすび at 2017年02月06日 22:47
ありがとうございます。
変換基板の表裏面は帰ったら撮影します。
ちょっと小さくてわかりにくいですが,表面はこんな感じです。
https://twitter.com/Ackieee/status/828158222762512384
裏側が無いとわかんないですよね。
GNDはすずめっき線を通しただけで細いです。
74LCX245のパスコンは,20Pと10Pで遠かったので,
ユニバーサル基盤のランド面に1P-20Pで付けました。
15PのVGAコネクタのGNDは全部つなぎました。
Posted by Ackieee at 2017年02月07日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。