2017年04月01日

FPGAボードへの書き込み方法

  FPGAボードへの書き込み方法


  一応、書き込み方法を書いておきます。


 準備

1)USB-BLASTERを用意する。
  純正を用意できればベストですが、パチモンでも十分使えます。
  参考まで→ http://sbeach.seesaa.net/article/443951365.html

2)QuartusII または Quartus Prime をインストールする。
  Alteraのホームページから、もしくは雑誌の付録などからインストールして下さい。
  Quartus Prime の場合、64bit環境が必要になるようです。

  Webエディションという、無料で使用できるものがあるので、それで十分です。

  バージョンは新しい方がいいですが、最新の必要はありません。
 (うちのは、QuartusII 10.1 です)

3)USB-BLASTERを一度も使用した事がない場合は、USB-BLASTERを挿してドライバがインストールされるのを確認する。
  (その後で抜いてください)


 書き込み手順

 ・DE0の場合は、ボードのRUN/PROGをPROGにしておきます。

1)FPGAボードのASP端子にUSB-BLASTERを挿し込む。
2)FPGAボードの電源を入れる(外部から電源を供給する)。
3)USB-BLASTERをパソコンに挿す。
4)QuartusII/Quartus Primeを起動する。
5)メニューバーの Tools - Programmer を起動する。起動したら横に伸ばしておく。

170401_02_Programmer1.png


 Programmer のパネルで、左上の『Hardware Setup』を押し、USB-Blaster を選択する。

 その右の『Mode』は、Active Serial Programming を選択する。
 Active Serial Programming に、何か聞かれたら、Yes を押す(この設定を変えると、既に設定されているファイルが書き込めないけどいいですか?と言っている)


 Add File... を押し、〜.pof を選ぶ。

 その後、画面に追加されたファイルの右の方の項目で、Program/Configure、Verify、Blank-Check、の箇所にチェックを入れる。

 準備が出来たら、Startを押します。右上のProgress 100%(Success)になれば完了です。


6)USB-BLASTERをパソコンから抜く。
7)FPGAボードの電源を落とす。



posted by えすび at 16:05| Comment(0) | ツール:DE0・Quartus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。