2017年06月05日

RGBコンバータ(11)(リリース)

  RGBコンバータ(11)(リリース)

  RGBコンバータの新しいバージョンをリリースします。
  ただし、外付け回路がさらに必要になります。


怪しいCycloneIIボード1版(640x480):c2_640x480_ver3.zip
怪しいCycloneIIボード1版(1280x1024):c2_1280x1024_1000_ver2.zip


怪しいCycloneIIボード2版(640x480):c2_r_640x480_ver3.zip
怪しいCycloneIIボード2版(1280x1024):c2_r_1280x1024_1000_ver2.zip


 ○改善点
  ・ほとんどのモニタで動作するようになったはず。
  ・上下に小刻みに動いてた問題が解消された。
  ・1280x1024表示の場合、アスペクト比が本物に近くなった。



  怪しいCycloneIIのみのリリースとなります。

  使用するモニタの解像度に合わせて、使用して下さい。

  追加した CY7C1041 は、高速SRAMです。秋月電子などで購入可能です。
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02165/


  怪しいCycloneIIボードが、1と2の二つありますが、73ピンのパワーオンリセットの回路のみが違うものがあります。

  ボード1:電源投入時、L→H
  ボード2:電源投入時、H→L

  基板の裏をよーく見るとわかるんですが、面倒な場合はどちらか動く方を使用して下さい。
 (リセットが違うので、別バージョンのものを書き込むと、ボタンを押してもLEDが点灯しません)




  使用方法などは前回と変わっていません。一応、前回に掲載したものを再掲します。


 ・使い方

  ボードに電源を供給して、mk2/66/mk2SR/66SRを起動すると、普通に表示されます。
  mk2SR/66SR使用時は、クロック出力を3.58MHzの方にして下さい(普通はこちらになっています)。


 ・怪しいCycloneIIボード版
  ボード上のプッシュスイッチを押すと、にじみが出せます。
  プッシュスイッチを押す毎に、にじみなし→赤青→青赤→桃緑→緑桃→にじみなし、となります。

  ボード上の3つのLEDは、以下を示しています。
  D2:にじみ処理時、点灯
  D4:mk2SR/66SR時、点灯
  D5:データ同期時、点灯


posted by えすび at 19:39| Comment(2) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SRAM増設基板を作成して動作確認をしたところ、手持ちの液晶モニターすべてで動作確認できました、ありがとうございます。
液晶TVでのぷるぷる現象も改善されていました。
Posted by ばくてん at 2017年06月12日 16:56
動作報告ありがとうございます。

テストに使えるモニタが少なかったため、ちゃんと動作している報告は嬉しいです。

Posted by えすび at 2017年06月12日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。