2017年06月05日

RGBコンバータ(11)(リリース)

  RGBコンバータ(11)(リリース)

  RGBコンバータの新しいバージョンをリリースします。
  ただし、外付け回路がさらに必要になります。


怪しいCycloneIIボード1版(640x480):c2_640x480_ver3.zip
怪しいCycloneIIボード1版(1280x1024):c2_1280x1024_1000_ver2.zip


怪しいCycloneIIボード2版(640x480):c2_r_640x480_ver3.zip
怪しいCycloneIIボード2版(1280x1024):c2_r_1280x1024_1000_ver2.zip


 ○改善点
  ・ほとんどのモニタで動作するようになったはず。
  ・上下に小刻みに動いてた問題が解消された。
  ・1280x1024表示の場合、アスペクト比が本物に近くなった。



  怪しいCycloneIIのみのリリースとなります。

  使用するモニタの解像度に合わせて、使用して下さい。

  追加した CY7C1041 は、高速SRAMです。秋月電子などで購入可能です。
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02165/


  怪しいCycloneIIボードが、1と2の二つありますが、73ピンのパワーオンリセットの回路のみが違うものがあります。

  ボード1:電源投入時、L→H
  ボード2:電源投入時、H→L

  基板の裏をよーく見るとわかるんですが、面倒な場合はどちらか動く方を使用して下さい。
 (リセットが違うので、別バージョンのものを書き込むと、ボタンを押してもLEDが点灯しません)




  使用方法などは前回と変わっていません。一応、前回に掲載したものを再掲します。


 ・使い方

  ボードに電源を供給して、mk2/66/mk2SR/66SRを起動すると、普通に表示されます。
  mk2SR/66SR使用時は、クロック出力を3.58MHzの方にして下さい(普通はこちらになっています)。


 ・怪しいCycloneIIボード版
  ボード上のプッシュスイッチを押すと、にじみが出せます。
  プッシュスイッチを押す毎に、にじみなし→赤青→青赤→桃緑→緑桃→にじみなし、となります。

  ボード上の3つのLEDは、以下を示しています。
  D2:にじみ処理時、点灯
  D4:mk2SR/66SR時、点灯
  D5:データ同期時、点灯


posted by えすび at 19:39| Comment(8) | HW:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SRAM増設基板を作成して動作確認をしたところ、手持ちの液晶モニターすべてで動作確認できました、ありがとうございます。
液晶TVでのぷるぷる現象も改善されていました。
Posted by ばくてん at 2017年06月12日 16:56
動作報告ありがとうございます。

テストに使えるモニタが少なかったため、ちゃんと動作している報告は嬉しいです。

Posted by えすび at 2017年06月12日 22:17
今頃、PC-6001mkIIで怪しいCycloneIIボード1版+P6RGBコンバータサブ基板(改)で手持ちのEIZO L565を試したのですが、文字はくっきり表示されますが、緑の縦線が等間隔にしっかり表示されてしまいます。また、上から下に多少の表示の波打ちがみられます。640x480、1280x1024共に同じ症状です。PC-6601接続時は、そもそも表示文字が認識できないぼやぼやした表示です。
Posted by aliceteabreak at 2019年09月03日 21:42
モニタとの相性により、問題が発生しているのかもしれません。

一応、確認ですが、緑の縦線、ですよね?
横線ではなくて。

また、波打つ現象に関しては、以下の手順を行うと軽減するかもしれません。
1)P6とRGBコンバータの電源を入れる。
2)P6の電源は入れたままで、コンバータの電源のみを切る。
3)再度、コンバータの電源を入れる。


あと、モニタ側で調整がある程度出来ると思いますので、そちらも試してみて下さい。
Posted by えすび at 2019年09月04日 00:33
>一応、確認ですが、緑の縦線、ですよね?
>横線ではなくて。

緑のタテジマですね。160本ぐらい等間隔で入っています。きちんと数えたわけではありませんが。
ディスプレイ側のクロック、フェーズ、ポジションなどの調整はしてみましたが、まったく効果なしでした。

上から下に波打つ事象もコンバータの電源のOFF/ONでは変化なしでした。

相性なのでしょうね。
これは、新しいモニタを買うまで寝かせておきます。

その間にPC66のビデオ/RFモジュレータの電解コンを交換します(^_^)
Posted by aliceteabreak at 2019年09月04日 21:38
また確認なんですが、CycloneIIボード と、P6RGBコンバータサブ基板(改) は、ばくてんさんからの購入分ですか?
それとも、CycloneIIボード は、別途自分で入手されていますか?


CycloneIIボードを自分で入手された場合、ボードに問題がある可能性があります(というか多分それが問題)。

値段が安い分、どうも何か問題があったものを回しているらしく、半田ブリッジなどが発生している事が多いようです。


Posted by えすび at 2019年09月06日 19:00
>CycloneIIボード と、P6RGBコンバータサブ基板(改) は、
>ばくてんさんからの購入分ですか?

P6RGBコンバータサブ基板(改)だけばくてんさんからの購入です。
CycloneIIボードは、別購入です。

CycloneIIボードは、正直はんだ付けは雑だと感じました。
再度、はんだ付けしなおしましたが、ダメそうなので、別にCycloneIIボードを調達してみます。

お騒がせしました。

Posted by aliceteabreak at 2019年09月07日 17:21

FPGAボードですが、こんな感じの半田付け不良がある事が多いです。

https://sbeach.up.seesaa.net/image/DSC05281_2.jpg


この画像の場合だと、丸印の箇所が半田で横のピンにつながっちゃっています。


緑の縦縞は、多分この半田ブリッジが問題です。
GPIO1_D0(40ピン)がブリッジしているかも?


半田ブリッジの解消方法ですが、私は、半田もりもり+半田吸い取り線(ペースト入り)を使う方法を行っています。

https://www.youtube.com/watch?v=ncv5QKB0bg4


動画のように、半田をかなり多く盛るのがコツです。
これで、ブリッジしている部分に半田が届けば、表面張力でうまく吸い取れます。



半田付けの後で、ペーストがべっちゃり残るのが問題なんですが...
ペースト除去剤を使って地道に拭き取ります。



Posted by えすび at 2019年09月08日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。